不動産登記

抵当権抹消(ローンを完済した時)

住宅ローンなど完済をしますと、借入先の金融機関等から抹消書類一式を渡されたり、送られてくる場合があります。

土地や建物に設定されている抵当権・根抵当権等の担保権を法務局で抹消登記の手続きをしなければなりません。

贈与

贈与とは、自分の財産を無償で相手に与える意思表示をし、相手がこれを受諾することによって成立する契約です。

不動産を贈与する際は、贈与する方から贈与を受ける方へ所有権移転登記をする必要があります。

ただし、贈与する場合には、贈与をした後に贈与を受けた人に贈与税・不動産取得税などの税金が課せられることがありますので注意が必要です。

財産分与

夫婦が離婚したとき、相手方の請求に基づいて一方の人が相手方に財産を渡すことを財産分与といいます。

例えば、離婚が成立し、離婚した夫婦の一方が他方に対して分与をする財産に土地や建物があれば、その名義を変える所有権移転登記をする必要があります。

売買

不動産を購入するには、売主へ代金を支払う必要があります。その代金を現金で支払う方もいれば、金融機関の融資を利用する方もいます。

通常、売買契約締結時に買主は売主へいくらかの手付金を支払い、後日、改めて残代金の決済をします。

残代金決済当日は、買主・売主・不動産仲介業者が集まります。その場に司法書士が立会い、当事者や売買の対象物件、登記に必要な書類の確認をし権利関係や手続きの説明します。

登記に必要なすべての書類が揃ったところで売買代金の決済を促します。融資の利用がある場合は金融機関の担当者に融資の実行をしてもらいます。

司法書士は、必要書類と登記費用を当事者よりお預かりし、決済終了後、売主から買主への所有権移転登記、融資を利用した金融機関のの抵当権設定登記等を法務局へ速やかに申請します。